ベトナム投資・進出に必要な現地情報とベトナムニュースの提供、ベトナム語翻訳通訳人材採用まで、TOHO社は日系企業のベトナム進出を現地からサポートします。



 ニュース購読

 会社概要

 進出支援業務

 ベトナム語翻訳

 ベトナム語通訳

 取引実績企業

 当社の採用情報

 お問い合わせ



Counter





本日:


昨日:


ベトナム最新情報 HOTNAM !
ベトナムニュース The Watch
ベトナム語翻訳
ベトナム求人 お仕事.com
ベトナムガイド.com


ベトナムビジネス支援

TOHO CO., LTD.


http://www.toho.com

 ベトナム、急成長を続ける新興投資国。ビジネスを成功に導く正確なベトナム情報、最適な投資形態の提案、許認可取得からベトナム進出後の問題解決まで、TOHO社は幅広い分野でベトナムビジネスを現地から直接支援します。

 


ベトナム現地の最新情報を収集 (ベトナムの現地ニュース)

適切な経営判断には、正確なベトナム情報が必要です。







 ベトナムビジネスに必要な最新の現地ニュース を 日本語に翻訳。政治・経済、事件・出来事、統計情報などの分野別に編集、投資、進出に欠かせない、ホットなビジネスソースを先取りします。また、コラムではベトナムの習慣、文化を理解するに適した話題を取り上げ、好評をいただいております。年間A4版サイズ換算で2,000ページ以上 の充実した内容の最新ビジネス情報 を現地から毎週4回、年196回、お届けいたします。
 当サービスは開始しから8年、すでに250社以上の日系企業に定期購読いただいており、ベトナムに係わる多くの日本人ビジネスマンにとって、正確な現地事情や経済動向を掴むための定番 ニュース メディアとなっております。 
 日本国内からも電子メールでの購読が可能です。

ベトナムニュース The Watch (ベトナム最新情報)


下記のサイトで一部のニュースの閲覧が可能です

* HOTNAM ! ベトナムニュース
* ベトナムガイド.com | ベトナムニュース






投資先として脚光を浴びるベトナム

 日本企業は中国への一極集中投資の見直しが急速に進んでおり、ベトナム進出が急増しています。これは日本国内におけるベトナム投資セミナーが活況を呈していることなどからも解ります。 
 当社は1997年より10年間、日系企業向けのベトナム情報提供、ベトナム進出支援を地道に続けております。

 ここ近年、日本のメディアは中国にフォーカスし過ぎていた感があり、ベトナムはビジネスの投資先として、経済紙などで大きく取り上げられることはありませんでした。それが一転して現在はブームのようにもてはやされています。流行に乗っただけのメディアが発信する、にわか情報は本当に正しいのでしょうか? 

 これまで、ベトナムに進出した日系企業の多くは着実に成長を続けています。ブームなどではなく、迅速かつ的確な経営判断を行った企業の多くはすでに成功し、現在はベトナムで工場増設、ラインの拡大を進めているのです。

 一度、御社のためだけに、当社が事前調査を行い、考えて準備する視察プログラムでベトナムをご覧になってはいかがでしょうか? 
 当社では役所への表敬訪問や、無意味な行程を入れず、御社のために最適化したカスタム視察を提案、アテンドすることが出来ます。

 相乗り視察や、企画もの視察は観光旅行の延長で、インターネットで集めた情報を復習するような視察になるでしょう。真剣にベトナム投資を考える経営者やビジネスマンにはこれでは物足りません。

 御社がベトナム進出を検討する上で、本当に必要な情報は何かを絞り込み、その情報を得るため、目で確認するため、現地に赴くことが真の視察目的です。正確な情報が無ければ、正確な経営判断が出来ません。当社は現地からそのお手伝いを致します。

 セミナーでは解らない実際のベトナムをご自身で見て、事業の可能性を模索されていただきたいと思います。当社では、工場進出から駐在員事務所開設まで、ベトナムへの進出を総合的にサポートいたします。

現地の正確な情報収集には ベトナムニュース TheWatch の定期購読がが最適です。1回の出張費で約3年間、膨大な情報を継続して得ることが出来ます。

 許認可取得に際し、日/越政府機関・団体などへ相談したにも関わらず、進まない投資案件、ディレイやリジェクトには必ず何がしかの理由があります。(アプローチ方法の再考が必要です) 合弁相手先の選定なども慎重に行うべきです。
 ベトナムはコネ社会といわれておりますが、トップダウンでの指示系統を利用するだけでは上手く行かず、上からの根回しを行う前に、関連する各省の中堅幹部への根回しを完了していなければなりません。(上位から話を持って行ったが故に上手く行かないプロジェクトも少なからずあり、一度却下された場合、再トライは更に難しくなります) 
 このスタイルは日本とも中国とも異なる、ベトナム独特の慣習です。

 当社では難易度の高い(前例が無い/前例が少ない)とされる投資案件を成功に導くルートを築くことに注力してまいりましたので、北部・中部・南部、それぞれにネットワークを確立しています。投資及び開発プロジェクトなど事前工作が必要な案件、何処にアクセスすべきか解らない案件など、一度当社へご相談ください。(秘密厳守) 但し、当社にも出来る事と出来ない事がございます。すべての案件を請け負うわけではございませんので、この点はご承知下さい。

 その他、現地での情報収集・サーベイなど、ベトナムに関することは現地から直接サポートさせていただいております。

 ベトナム進出を検討し、すでにホーチミンにお越しになる視察日程が決まっている企業担当者の方も、一度当社まで電子メールでご相談下さい。
 スケジュールに当社への訪問を入れていただければ、必ず何かお役に立てると自信を持っております。

メールで相談する



ベトナム投資・企業進出を現地から支援

駐在員事務所設立 (2ヵ月)

申請書作成、翻訳、公証など、現地での煩雑な作業をすべて代行、スピード開設。

*ライセンス取得
*活動許可書取得
*地域公安への活動登録と社判の申請・受領

自社ですべて行う場合、5回以上の短期出張が必要となり、大きなコスト損失となります。


合弁相手のサーベイと選定、外資100%現地法人設立

進出に適応する事前調査、アドバイス、現地企業サーベイ、投資案件の提案。
コンサルティングから、申請書作成、翻訳、公証、許認可取得から事業開始まで。

*政府からの許認可を得るための事業内容・事業計画の適正化
*必要書類の準備、修正、ベトナム語翻訳、公証など完全サポートします。

外国投資法に準拠し、申請に最適化したコンサルティングと書類作成を行います。


事務所物件工業団地住居のサーベイ (1ヵ月)

全てを満足させる物件はなかなかありません。最善の候補を複数準備します。

*進出に伴う予算に合った事務所をサーベイ、入居可能物件を探します。
*業態に適した工場設立候補地をサーベイ、比較検討し報告します。

契約にいたるまでのサーベイとコンサルティング、条件交渉をサポートします。



ベトナム進出に伴う人材採用 (2ヵ月)


良い人材の確保、海外での事業において重要な鍵となります。

*募集、選考を代行、選抜された人材を最終面接して採用いただきます。
*ベトナム人社員(日本語堪能)、日本人の現地採用、専門職、希望に沿います。

労働契約書作成、労働登録、労働法に準拠した就業規定の作成・承認、ベトナムの慣習などのコンサルティング、社会保険加入、所得税、その他、別途対応可能です。



ベトナム進出に伴う準備は、許認可申請、物件探し、人材採用を並行して行う必要があります。住所が無ければライセンス取得後の活動許可申請書を申請できません。同様に駐在員の所得税登録をしなければ、活動許可書は受領できません(ホーチミン市の場合)。ライセンスを取得後に、多くの作業が待っています。

*ライセンスの取得だけでは事業活動を行えません。

当社はライセンス申請準備から取得、活動許可書申請・取得、社判の申請・受領、その他必要な登録や雑務、すべての作業をパッケージとして一括して行います。





ベトナム企業のサーベイと視察

情報の少ないベトナム。現地に根ざした当社が、最適なビジネス手法をご提案します。

*目的に合った製品を生産する企業、パートナーなど、相手側の詳細を事前にレポート。
*視察スケジュール管理、ビジネス通訳手配、ホテル予約、レンタカー手配まで。
*現地での許認可取得、ビジネス慣習、問題点の予測など、ビジネスコンサルティング。

ビジネスに繋がる目的を絞った視察、ハイレベルな日本語通訳が同行します。


事業化可能性調査

現地の現状と経済動向、関連法律、近隣国との関係などを含め、予備調査を行います。

*2度目の出張の前に是非ご相談下さい。現地を知った当社が御社に代わり動きます。
*その業種、業態がベトナム進出に適合するのか、成功の可能性が高いのかを報告。
*何処にアクセスし、どのような方法で進行すべきか、合理的なルート検証を行います。

海外出張に伴うコストは膨大です。現地専門のプロに任せるのが合理的です。


メールで相談する











Copyright © 1997-2007 TOHO CO., LTD. All rights reserved.